第13回日本嗜癖行動学会(名古屋)のご案内

この大会は、終了いたしました。
皆様のご参加大変ありがとうございました。
次回以降は、決定次第随時HPにてお知らせいたします。
メインテーマ
嗜癖・ジェンダー・ナラーティヴ 
主催:日本嗜癖行動学会/第13回日本嗜癖行動学会事務局
 
 第13回日本嗜癖行動学会は、平成14年10月17日(木)・18日(金)・19日(土)に、名古屋市の国際会議場で開催いたします。
 物質嗜癖、過程嗜癖、人間関係嗜癖などの嗜癖行動が、個人の病理だけでなく親子や家族の病理や社会病理の一つの表現様式と考えられるようになってきました。また。このような嗜癖行動に男女差が指摘されています。また、近年「ナラーティヴセラピー」についての書籍が数多く出版されるようになり、そこでは「物語る」ことの治療を考える上での重要性が述べられています。嗜癖治療において欠かすことのできないミーティングの意味を再確認できるでしょう。嗜癖治療の場合は、医療施設や自助グループと関連のある施設だけでなく、様々な民間の施設があります。今回はメインテーマを「嗜癖、ジェンダー・ナラーティブ」とし、様々な視点からの論議と様々な立場からの報告を期待しています。多くの方々のご参集を心からお待ちいたします。
第13回日本嗜癖行動学会
大会長 西山 仁
日  程
2002年
第1日 10月17日(木) ワークショップ
第2日 10月18日(金) 演題発表・総会・懇親会
第3日 10月19日(土) 一般公開講座
会  場
名古屋市国際会議場
〒456−0036
名古屋市熱田区熱田西町1番1号
TEL 052−683−7711
 
大会事務局
西山クリニック
〒460−0002 名古屋市中区丸の内3−6−4
TEL 052−955−1558
FAX 052−972−6566
電子メールアドレス nisiyamacl@sepia.ocn.ne.jp
 
《学会日程》
第1日 10月17日(木)
ワークショップ
名古屋国際会議場(2号館)
受付開始:12時  開演:13時
◇A会場(2号館2階221号室)
テーマ:男の神経症・女の神経症
講 師:鈴木 國文(名古屋大学保健学科教授)

◇B会場(2号室2階222号室)
テーマ:ナラーティヴ・セラピー〜物語と可能性
講 師:野村 直樹(名古屋市立大学文学部教授)・小森 康永(愛知県立城山病院)

◇C会場(2号館2階223号室)
テーマ:ドラマティック・チルドレン後〜はぐれ雲からの報告
講 師:川又 直(はぐれ雲責任者)

 
第2日 10月18日(金)
演題発表・総会
名古屋国際会議場(2号館2階222号室223号室)
受付開始  09時15分
開会挨拶  09時45分
演題発表  10時00分
休憩・理事会12時00分
演題発表  13時00分
総  会   16時30分
 
懇親会
17時30分
(7階展望レストラン)
 
第3日 10月19日(土)
 一般公開講座
名古屋国際会議場(センチュリーホール)
受付開始 09時15分
開   演 10時00分

      〜12時00分

特別講演:嗜癖とジェンダー
 講師:斎藤 学 (家族機能研究所代表)

 アルコール、薬物、食べ物、ギャンブル、セックス、買い物、暴力、人間関係・・・。私たちは様々なものに嗜癖する。それらの嗜癖行動をジェンダーという視点からみるとどうなるのか。このテーマに関して、講師の斎藤学先生はこれまでも多くの発言をされてきた。男であること、女であることは、どんな嗜癖を、どのように生み出すのか。その不幸や悲劇から脱け出すために、私たちはどうあればよいのか。それは可能なのか。可能ならば、どのように実現できるのか。これらのことについて、斎藤先生のお話を聞きながら考えたいと思います。
 
《参加資格》
17日(木) (ワークショップ)は学会員、および守秘義務を持つ専門家
18日(金) (演題発表と総会と懇親会)は学会員のみ
19日(土) (一般公開講座)は学会員と一般市民
 
《参加費用》
学会員   6,000円
17日(木):(ワークショップ)   4,000円
18日(金):(懇親会費)   7,000円
19日(土):(一般公開講座)   2,000円
 
《一般演題募集要領》
 第13回日本嗜癖行動学会へ演題を申し込まれる方は、下記の一般募集要領をお読みの上、抄録原稿をご送付下さい。
 
◇演題発表は、1演題につき発表は20分程度、質疑応答は10分程度予定しています。発表時間は厳守して下さい。
 
◇症例報告などの発表ではプライバシーの問題に十分ご配慮下さい。
 
◇演題抄録原稿は、演題名・演者名を含めて1200字以内とし、A4用紙に横書きでプリントアウトして下さい。また、フロッピーにテキスト保存のうえ原稿と一緒にお送り下さい。その際、使用機種を明記して下さい。
 
◇所定の「演題申込票」に、演題名・演者名(演者全員の氏名を記入し発表者の順に○印をつけて、フリガナをうって下さい)・所属機関名・所在地(または連絡先)・電話番号・FAX番号を明記して下さい。 ※印の欄には記入しないで下さい。
 
◇申込にあたっては、演題抄録原稿、フロッピー、「演題申込票」を同封の上、学会事務局までご郵送下さい。
 
◇演題申込先及び連絡先
 住所:〒460−0002
     名古屋市中区丸の内3−6−4 西山クリニック内
     第13回日本嗜癖行動学会事務局
 TEL:052−955−1558
 FAX:052−972−6566
 電子メールアドレス nisiyamacl@sepia.ocn.ne.jp

 
◇抄録原稿提出締切:2002年8月10日(土)

◇備考
 演題の採否及び発表時刻は、決まり次第各演者にご連絡いたします。
 参加申込とは、申込先が違いますのでご注意下さい。
 
2002年6月27日